夢にまで見た会社設立を果たそう|インドネシア進出は支援業者に頼る

男女

個性的なカフェにする

ウェイター

自身の趣味を反映できるカフェは自由性が高いので独立して店舗を開業したい場合におすすめできます。まずは、専門学校に入学してコーヒーやフードに関する知識や理論に調理技術を身につけるのが最適です。

もっと読む

業務効率化と販促戦略構築

オフィス

タッチパネル式のPOSを導入すれば、業務効率化が図れます。複雑な操作が必要なく、色分けされたリンクボタンを押せば簡単に操作が可能です。それに、売上計算以外にもどんな商品が売れているのかも把握できます。

もっと読む

節税の面で有利

ビル

そろそろ、海外進出を狙っている人におすすめの地域があります。それは、インドネシアです。インドネシアで会社を設立すると、税金的にも節約出来るので費用の負担が軽減されます。多彩な国の文化が混ざって独自の発展を遂げてきたインドネシアでの会社を運営して成功をおさめましょう。

そもそも、なぜインドネシアに会社を設置するのがおすすめなのでしょうか。実は、インドネシアでは比較的会社設立がしやすく、初期の時点で現地の人とトラブルになりにくいのです。そのため、外資100%での株式会社がリスク少なめで設立が可能なのです。また、最低授権資本金も低価格なのと政府機関の審査も簡単な規準なので、何かしらの不備が見受けられない限りすんなりと審査が通ります。そのようお国事情があるので、インドネシアでは低リスクで会社設立が容易なのです。インドネシアで、会社設立するにはある条件が必要です。どのような条件なのかというと、現地の国籍を有している人がオーナーになる事です。外国籍の人が、会社を設立するには信頼性を確認するためには現地の人がオーナーにならなければなりません。それに、申請の時点で最低2人の現地国籍の人をたてる必要があります。

現地に知人がいれば、簡単に事を運べるでしょう。もし、現地に知り合いがいない場合は、インドネシア進出のサポートをしてくれる業者を頼るのをおすすめします。会社設立の支援実績も年間で100件前後なので、安心して依頼が出来るでしょう。現地人のニーズを知り尽くしていて、どのような経済状況なのかを綿密に教えてくれるので頼りに出来るのは間違いありません。夢にまで見た会社設立を果たしましょう。

将来的に利益が期待出来る

ビル

親日国であるインドネシアは、日本人に似た気質を持つのですぐに人脈を開拓出来るでしょう。税金や法人設立にかかる費用も低価格で済ませられます。また、将来的な経済発展も期待できるのでインドネシア進出で徐々に利益をあげましょう。

もっと読む